イチゴジャムの作り方

市販品のイチゴジャムはあるけれど、やっぱり自家製のイチゴジャムを作ってみたい。

そういう方は少なくないと思いますが、一方で、手間がかかるんじゃないか、とか、どのくらい保存できるのか、など不安を持つ方もやはり少なくないでしょう。

そこで、手作りイチゴジャムの作り方とその保存方法や賞味期限についてまとめてみましたので、参考になさってくださいね。

初めてでも簡単 イチゴジャムの作り方

イチゴジャムの作り方

初めてイチゴジャム作りにチャレンジする方も簡単に作れる作り方をご紹介します。

【材料】(200cc瓶くらい)

イチゴ 約300g
砂糖 100g
レモン果汁 大さじ1
  1. ヘタを取ったイチゴを水で洗い、ざるに上げて水気をしっかり取ります。
  2. 鍋にイチゴを入れ、砂糖をまぶし、レモン汁を振りいれ、少し混ぜます。
  3. 1時間くらい置きます(火にはかけません)。
  4. 砂糖が溶け、イチゴから水分が出てきたら、中火の弱程度で、コトコトと煮ます。
  5. イチゴから出るアクを取ります。
  6. 30分ほど煮詰め、鮮やかな赤色になりとろみがついてきたら完成です。
  7. 煮沸消毒した瓶に詰め、熱いうちに蓋をします。
  8. 粗熱がとれたら冷蔵庫で保存します。

圧力鍋を使ったイチゴジャムの作り方

圧力鍋を使うと、簡単に短時間でイチゴジャムを作れるので、圧力鍋をお持ちの方にはおすすめです。

  1. ヘタを取りきれいに洗ったイチゴの水気を取り、圧力鍋に入れます。
  2. 砂糖とレモン汁少々をふりかけます。
  3. 中火にかけて圧力がかかるのを待ち、圧力がかかったら弱火にして3分待ちます。
  4. 蓋をあけるとサラサラのイチゴジュースができているので、アクを取ります。
  5. 好みの硬さまで煮詰めて完成です。

電子レンジを使ったイチゴジャムの作り方

電子レンジは焦がす心配がないので、少量のジャム作りに適しています。

  1. きれいに洗ったイチゴのヘタを取り、大きいイチゴは1/2ないし1/4に切ります。
  2. イチゴの水を切り、耐熱ボウルに入れ、砂糖とレモン汁を加えてさっと混ぜます。
  3. ラップをしないで600Wの場合6分加熱します。
  4. 採り出してよくかきまぜたら、さらに6分加熱します(ゆるい場合にはさらに1~2分加熱します)。

加熱中にアクが出るので、気になるならすくい取れば、よりきれいなジャムが作れます。

また、吹きこぼれやすいので、ボウルは少し大きめのものを使いましょう。

必ず冷蔵庫で保存して、約2週間で食べきってください。

自家製イチゴジャムの保存方法

保存

市販のイチゴジャムには保存料が添加されているので、保存できる期間がとても長いです。

しかし、手作りジャムには保存料を加えないので、保存の仕方に工夫が必要になります。

イチゴジャムの保存方法としては、まず作る時の砂糖の分量が重要になります。

長期保存するためのポイント

  1. 砂糖は、イチゴの量に対して半分以上の分量にします。
  2. 保存用の瓶は、沸騰したお湯に入れ煮沸消毒し、逆さに置いてしっかりと水分を取り乾かします(拭くと雑菌が入りやすいので自然乾燥させましょう)。
  3. イチゴジャムを詰めたら、瓶を逆さにしてしばらく置きます(蓋にイチゴジャムが行きわたると腐りにくくなります)。
  4. 瓶の2/3を冷水につけて冷まします。

完成後に煮沸消毒をする保存方法

煮沸消毒した瓶に、熱いうちに詰め、軽く蓋をした状態で瓶ごと1分ほど煮沸します。

熱いうちに蓋を閉め、さかさまにして冷まします。

常温で3年ほど保存できるそうです。

手作りイチゴジャムの賞味期限

賞味期限

手作りイチゴジャムの賞味期限は、一般に冷蔵保存で約1年です。

前項の通り、完成後に煮沸消毒をすると、賞味期限は約3年になります。

また、電子レンジで作るいちごジャムは、簡易なものと考えて、2週間で食べきってください。

まとめ

賞味期限については、作り方や砂糖の量、作ったあとに煮沸消毒をするか、などでそれぞれ変わりますので、注意が必要です。

大量に作って長期保存をしたい場合には、完成後の煮沸消毒をするようにしましょう。

今回ご紹介した作り方や保存方法を参考にしていただいて、是非、自家製ジャム作りにチャレンジしてみてくださいね。