アイプチ

一重瞼にコンプレックスを持っていて、二重瞼にあこがれている女子は、意外と多いと思います。

私も一重なので、一時期アイプチをしていたことがあります。

でも、アイプチをしていることがばれると、何となく恥ずかしかったり、
学校で注意されたりして、嫌な気分になりますよね。

そこで、アイプチをしていてもバレない方法、
学校でもできるおススメの方法をご紹介します。

アイプチがバレないための学校での対策

バレない

アイプチには、のりタイプ、テープタイプ、ファイバーなどの種類がありますが、いずれもうまく使わないと、のりが取れてしまったり、テープが丸見えになってしまったりして、バレてしまいます。

アイプチがばれると、やっぱり恥ずかしいですよね。

それに、学校や先生によっては、アイプチ禁止!なんてことも。

そこで、アイプチをしている人がやっている、学校での対策について、調べました。

  • 先生と話す時は、できるだけ瞬きしないようにする
  • 前髪をちょっと伸ばす

前髪の長さは、目にかかるかかからないかの微妙な長さがおススメみたいですよ。

原因別アイプチがバレない方法

学校

アイプチを使用している人の、ありがちな失敗例から、アイプチがバレないための対策方法をご紹介します。

下を向くと瞼ののりがバレる場合

のりで貼り付けるタイプのアイプチではなく、テープタイプやメザイクで折り込んでクセ付けするタイプを使うと、自然に仕上がります。

アイプチを使う場合は、留める位置を二重の中央部分だけにすると良いでしょう。

まつ毛がくっついてしまってバレる場合

アイプチをする前にはビューラーを使わないで、まつ毛を指で押さえながらアイプチを塗っていきます。

瞼が腫れて荒れてしまわない方法

アイプチで瞼が荒れてしまうのは、アイプチが落ちにくいからと、ゴシゴシこすったり、爪で剥がそうとしたりすることが原因です。

そこで、アイプチを優しく落とすことが必要になります。

まず濡らしたコットンで瞼を押さえて、アイプチをふやかして柔らかくします。

その後、ポイントメイククレンジングで、丁寧に落としていきます。

一度で落ちない場合には、これを数回繰り返しましょう。

アイプチがバレない塗り方

学校

一重の人が実践している、アイプチがバレない塗り方をご紹介します。

まず、塗る時は、瞼の真ん中より少し外あたりから目尻まで塗ります。
アイプチが乾くまで、しっかり待ちましょう。

やや透明になってきたら、目尻をプッシャー(アイプチに付いてくる棒)で、押さえます。
目を開けて、思い切り押します

この塗り方だと、目を閉じても、アイプチがほとんど目立ちません。

ポイントは、一番最初のアイプチを塗る場所です。

目頭から塗ってしまうと、アイプチをしているのがはっきり分かってしまうので、あえて目頭は塗らないようにします。

まとめ

一重瞼って、腫れぼったい感じがして、本当にコンプレックスになるんですよね。
ぱっちりした二重瞼にあこがれてしまいます。

そんな一重瞼の女子にとって、アイプチって、強い味方ですよね。

でも、アイプチがバレないようにするのって結構気を使います。
今回ご紹介した方法で100%バレないとは言えませんが、バレにくくはなると思いますので、参考にしてみてくださいね。