もう、春の足音が聞こえてきましたね。

春と言えば、卒業と入学、別れと出会いの季節です。

新しく学校に入学するお子さんをお持ちの方は、入学準備に忙しいことと思います。

また、おじい様・おばあ様やご親戚などから、入学祝いを頂くことも多いですよね。

そんな時、お返しのことを、意外と知らないことに気づいたりします。

そこで、入学祝を頂いた時、お返しをいつ差し上げたらよいか、相場は幾らか、など入学祝いにまつわることをまとめてみました。

そもそも入学祝いとは

入学祝い

入学祝いとは、お子さんが学校に入学したことを祝い、贈る現金や贈りものを指します。

基本的に、親族間の内祝いですので、贈る範囲は身内だけでよく、甥御さんや姪御さんぐらいまでと考えてよいでしょう。

ですので、特に親しい場合以外は、友人から送る必要はありません。

普段のお付き合いの程度で決めましょう。

お祝いの品物を贈る場合には、お相手の希望を聞くなどして、同じものが重ならないように気をつけます。

入学祝いのお返しって?

お返し

入学祝いは、収入のない子どもへの贈りものなので、本来お返しは必要ありませんが、地域によって慣習が違いますので、注意が必要です。

入学祝いには、お子さまが安心して勉学に励めるよう援助するという意味合いがあり、お子さまへのお祝いなので、お返しは必要ない、という地域もあります。

この場合、お子様からのお礼状や挨拶のみで済ませます。

一方、「内祝い」は、本来“お返し”ではなく、「お祝い事の喜びを分かち合う」ための贈りものですから、お返しを兼ねて入学内祝いを用意するのが一般的という地域もあります。

ご家族や先輩のお母さん方に、お住まいの地域の慣習を聞いておくとよいですね。

入学祝のお返し、時期はいつ?

いつ

では、入学祝いのお返し(内祝い)をする場合、いつ頃すれば良いでしょうか。

入学祝いは、入学式前までに贈るものとされていますから、早めに頂くこともあります。

まずは、頂いたらすぐに、お礼のごあいさつをするのがマナーです。

メールは失礼と感じる方もいるので、電話でお礼をしましょう。

お子さまが頂いたお祝いなので、本人からも一言お礼を伝えさせると良いですね。

入学祝いの内祝いは、一般的に入学式のあと、あまり日をあけないように贈りましょう。

目安としては、1ヶ月以内です。

入学祝のお返し、相場はいくら?

相場

結婚祝いや出産祝いなどの、一般的な内祝いは、頂いたお祝いの1/3から半額程度が相場です。

が、入学祝いのお返しの場合、頂いたお祝いの半額かそれ以上のものをお返ししている方が多いようです。

他のお祝いが自分自身に頂くものであるのに対し、入学祝いは子どもに頂くものであるだけに、しっかりと感謝の意を伝えたい、という気持ちの表れでしょうか。

まとめ

入学準備に忙しいと、ついつい後回しにしてしまいがちな内祝いですが、お相手がお祝いを送ったことも忘れたような頃に届くのでは、マナー違反です。

入学式から1ヶ月以内を目安に、早めに送りましょう。

また、相場は一般的な内祝いより、やや高めになっています。

お子さんへの気持ちの表れなんですね。

頂いてすぐに、お礼の電話をするのも忘れずに。

お祝いも、内祝いも気持ち良く済ませて、良い春をお迎えくださいね。