ちらし寿司の彩りを添えるために、錦糸卵と桜でんぶを散らしますよね。

でも、桜でんぶってそんなにたくさん使うものではありませんから、余ってしまいがちです。

なので、余った桜でんぶの使い道に困っている方も多いと思います。

でも、せっかくですから、捨ててしまいたくはないですよね。

そこで、桜でんぶが余った時の、ちらし寿司以外の使い道を探してみましたので、簡単なものをご紹介します。

桜でんぶって何でできている?

桜でんぶ

桜でんぶは、鱈や鯛をほぐしたものに砂糖、酒、みりんなどで味付けをして、食紅などで色を着けたものです。

鮮やかなピンク色が、お料理に彩りを添えてくれて、便利な食材です。

桜でんぶを購入するのは主に、ちらし寿司を作るときという方が多いようです。

でも、彩りに使うものですから、一度にそんなにたくさんは使わないので、余った桜でんぶの使い道に困る方もまた多いみたいです。

でも実は、桜でんぶには味がついているので、それを活かすと彩りも味も一挙について、華やかでおいしいお料理が簡単に作れるんですよ。

余った桜でんぶでピンクと黄色のかわいい厚焼き玉子を作ろう

余った

2個分の卵を黄身と白身に分け、白身の1/3~1/2程度を黄身の方に移します。

取り分けておいた白身に桜でんぶを加えて、それぞれをかき混ぜましょう。

桜でんぶの入った白身を、卵焼き器で厚焼き玉子のように焼きます。

できた桜でんぶ入りの厚焼き玉子をずらして、黄身を流し入れ、桜でんぶ入りの厚焼き玉子を巻き込むように焼いていきます。

中がピンクで外が黄色のかわいい厚焼き玉子ができますよ。

斜めに半分にカットしたものを合わせて並べてハート型に置くと、さらに可愛くなるので、お弁当の彩りにもピッタリです。

余った桜でんぶで可愛いピンクのおにぎりを作ろう

桜でんぶ

簡単アイデアをもう一つご紹介しますね。

ご飯に桜でんぶを混ぜて、おにぎりに握るだけ!

華やかなピンクのおにぎりは、キャラ弁などお弁当を可愛く彩るのにぴったりです。

余った桜でんぶでお子様向け「明太子サンド」風サンドイッチを作ろう

余った

超簡単レシピをもう一つ。

明太子を挟んだ明太子サンドを作ると、彩りも鮮やかでおいしいですよね。

でも、お子様には辛くて、食べさせてあげられません。

そこで、余った桜でんぶで、お子様にも食べられる「明太子サンド」風のサンドイッチを作りましょう。

マヨネーズを塗った食パンに桜でんぶをふりかけ、パンで挟んで切るだけです。

こちらもお弁当に入れてあげると彩り鮮やかで、お子様も大喜びでしょう。

まとめ

ちらし寿司以外に使い道を思いつきにくい桜でんぶですが、ピンクの彩りと元々ついている味を活用して、他の料理に利用することができます。

今回ご紹介したのは、いずれもお弁当にピッタリのアイデアなので、特にお子様や女性の彩り弁当にお勧めです。

余った桜でんぶ、ぜひ活用してみてくださいね。