雪

雪国では日常の積雪。

ですが、普段雪の降らない地方での、数年に一度の大雪の日は、通勤も通学も大変ですよね。

電車もバスも大幅に遅れたり、運休したり。
かといって、タクシーもつかまらず・・・。

そんな中、幼いお子さんを連れての保育園への登園は、
考えるだけで大変なことがわかります。

そこで、雪の日の保育園への送迎についてのポイントを、
パパママの体験談などからまとめてみました。

雪の日の保育園への送迎方法は?

雪

雪が積もると、新雪のところはずぼずぼ足が入り込んでしまって歩きにくいし、
凍結しているところもあるしで、普段使っている送迎方法が使えないことがあります。

そこで、まず、雪の日の保育園への送迎方法の危険なポイントをご紹介します。

ベビーカー・バギー

いつもは便利なベビーカーやバギーですが、
雪が積もっているときは、車輪が埋まって進めなくなります。

お子様を抱っこして、荷物を持って歩くことになりかねません。

また、路面が凍結していると、滑ってしまうことも。

抱っこ紐

抱っこ紐は、賛否両論というか、
転倒の危険性をどのくらい見積もるかで違ってきます。

前に抱っこするタイプだと、足元が見づらく、
転倒の恐れがあるためお勧めしない、とする方もいます。

一方、抱っこ紐で娘さんを送迎した方もいます。

抱っこ紐を使う場合は、

  • 足元が見づらいことに留意する
  • 転倒しないように歩幅を小さくして、靴の裏全体をつけて歩く
  • 万一の転倒に備えて、お子さんの頭を支えるようにしてガードしておく

などに留意するといいようです。

自転車

いつもは自転車で送迎している方も多いと思いますが、
雪の日の自転車での送迎は絶対にやめましょう。

路面が滑りやすくなっていて、
細い自転車のタイヤでは、滑って転倒する危険性が大きいです。

また、お子さんを乗せていると重心が不安定で、
いつもなら踏ん張れるような場合にも転倒する危険性が高いので、
雪の日の送迎に自転車を使うのは、絶対NGと考えましょう。

雪の日の保育園への送迎のポイント

保育園

次に、雪の日に保育園への送迎をするときのポイントについてまとめてみたいと思います。

車で行くなら

いつもより、スピードを遅くして、
車間距離を十分に取り、安全運転に努めます。

また、急なハンドル操作は厳禁です。

あらかじめ、通勤時間帯に渋滞しやすい道路と
特に渋滞する時間を調べておきましょう。

渋滞する道路や時間帯を避け、
遠回りになっても安全で比較的すいている道を選びます。

スピードを落とす分、また、遠回りをする分を計算に入れて、
十分な時間を取って早めに家を出ましょう。

電車やバスなら

バスの場合、雪の日は乗客が増え、渋滞する分、
時間にずれや遅れが生じやすくなります。

バス停で寒い中、お子さんを待たせるのもかわいそうですし、体調を崩す元にもなります。

バスを使う場合には、遅れの生じにくい時間帯に利用しましょう。

電車の運行は、スマホでも確認できるので、有効に使うといいでしょう。

バス停や駅までの道は、雪での歩きにくさや、お子さんが遊びながら歩くことを考慮して、10分から30分は早く出るとよいでしょう。

徒歩圏内なら

お子さんがしんどくならない程度の距離なら、徒歩で行くのも一つの手段です。

電車やバスでは頼りにならない状況なら、普段より時間がかかっても徒歩で送迎したほうが確実でしょう。

お子さんは、雪で遊びながら歩けるので、時間はかかりますが、楽しく歩いてくれるでしょう。

ただ楽しくなりすぎて、走ったりして滑らないように目を離さないようにしてあげてください。

また、ソリを用意しておけば、お子さんをそりに乗せるのもいいですよ。

お子さんがおとなしく乗ってくれさえすれば、大人は体力を使いますが、比較的安全に送迎することができます。

どうしても登園しなきゃならない?

送迎

雪が積もると、お子さんは遊びたくて仕方ありません。

保育園に行ってお友達と遊べたら、もっと楽しいでしょうね。

ですが、電車やバスが運行中止になった時、保育園まで距離があって無事に保育園につくのが難しそうなときは、無理に登園する必要はないと考えます。

雪くらいで休ませるなんて…と思われるかもしれませんが、安全に送迎する手段がなければ、お休みするべき場合もあります。

お休みする場合は、保育園にはきちんと「雪が積もって危険なので」と伝えましょう。

寒い時期でインフルエンザなど感染症の多い時期でもあり、理由をはっきり言わなかったり、体調が悪いなどの嘘をついたりすると、保育園はその対策も考えなければならなくなります。

保育園の先生方に迷惑をかけないためにも、欠席の理由は正直に伝えましょうね。

まとめ

普段雪の積もらない地方で雪が積もると、
交通がマヒしやすく、通勤通学のみならず、保育園の送迎にも影響が出ます。

慣れていない雪道の送迎ですから、
いつもとは違う危険がたくさん隠れています。

また、車でも徒歩でも、バスや電車でも、
普段より時間がかかりますので、早めに家を出るようにしましょう。

何年に一度かの積雪だからこそ、
あらかじめどうやって保育園への送迎をするか
リサーチしておくといいですね。