お守り

ダメだと禁止されると、
なぜだかやりたくなりませんか?

例えば、お守り。
お守りを開けると罰当たりだって言われるけど、
中身が気になって開けたくなりますよね。
なぜ、開けてはいけないのでしょうか?

気になる理由を調べてみました。

お守りの中身は何?

お守り
みんなが気になるお守りの中身ですが、
紙、板、布などで作られたお札が入っています。
神様の名前や祈りの言葉が書かれていて、
「内符」と言うそうですよ。

ご自宅に神棚がある人は、
神棚にお札を飾っていると思います。
お守りは、あのお札と同じです。
肌身離さず持ち歩くにはお札では大きすぎるから、
持ち運べるようにお守りが作られたそうですよ。

お守りの中を開けると効力が無くなる?

お守り
お守りを開けてはいけない理由として、
神様の力が弱まってしまうからと言うのがあります。

内符には、神様が宿っていて、
神様が汚れることがないように、
祈祷をしてからお守り袋に内符を入れます。
つまり、お守り袋は神様を汚れから守ってくれているんです。

なので、袋を開けてしまうと
神様は汚れてしまいます。
汚れてしまった神様は、本来の力を出せなくなります。
その結果、お守りの効力が無くなってしまうのです。

神様に対して失礼にあたる

お守り

お守りの袋が神様を守っていると言うことは、
袋は神様のお家みたいなものです。

他人の家の中を覗くのはいけないことですよね。
場合によっては、捕まることだってあります。

神様のお家だって、覗くのはダメですよね。
お守りの袋を開けると言うことは、
神様のお家の中を見ているのと変わりません。
神様に対して、失礼です。

中身を見るとがっかりしてしまう

お守り

お守りの中身を見たことがある人なら、
分かると思います。

中身は、お札なので
「なんだ。こんな物が入っていたんだ。」
と、がっかりしちゃうでしょう。

私たちは、目に見えないからこそ
神秘の力を感じます。
お守りも同じです。

中身を見てはいけないと言われるから、
凄い力を秘めているんじゃないかと思います。
そして、それは神様の力を信じていることにも
繋がるでしょう。

しかし、中身を見て落胆すると
お守りの効果を信じられなくなります。
それは、神様を疑うと言うことになるんですよ。

だから、神様を信じる心を忘れないように
お守りの袋を開けてはいけないと言うのです。

まとめ

お守り

お守りの袋を開けてはいけない理由をまとめてみましたが、
いかがでしょうか?

罰が当たると言うのは、
袋を開けるのは神様に対して失礼なことだからでしょう。
神様に失礼を働いたら、
罰が当たるよと言うことを言いたいのだと思います。

中身が気になるのは分かりますが、
お守りの袋は開けないようにしましょう。

最後に、一つだけ。
お守りの効力が続くのは1年と言われているので、
1年が経過したら今まで持っていたお守りは神社に返納しましょう。
そして、新しいお守りを買って下さいね。