ちらし寿司の素

ちらし寿司の素や炊き込みご飯の素って、本当に便利で重宝しますよね。

高温や多湿を避ければ長く保存できるので、買い置きしておくことも多いですね。

でも、この「買い置き」が曲者で、買ったまま忘れていて気付くと賞味期限切れになっていた、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんな賞味期限切れのちらし寿司の素を使ってもいいのか、気になりますよね。

そこで、ちらし寿司の素と賞味期限について調べてみました。

ちらし寿司の素の賞味期限

ちらし寿司の素

そもそも、賞味期限とは何でしょうか?

お肉など生鮮食品やコンビニのお弁当などに表示されている消費期限とは何が違うのでしょうか?

消費期限

消費期限とは、簡単に言うと、「その期限が過ぎたら食べない方がよい期限」です。

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法で保存していた場合に、「安全に食べられる期限」を年月日で記載しています。

お弁当やサンドイッチなど、傷みやすい食品に表示されています。

この期限を過ぎたら食べない、と覚えてください。

賞味期限

賞味期限とは、「美味しく食べられる期限」のことです。

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法で保存していた場合に、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」を年月日で記載しています。

作ってから3ヶ月以上もつものについては、年月のみで表示されていることもあります。

スナック菓子やカップ麺、缶詰やペットボトル飲料など、傷みにくい食品に記載されています。

この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではないので、そのまま捨ててしまうのはもったいないですね。

色や味を確かめて、異常がなければまだ食べても大丈夫です。

ちらし寿司の素には、消費期限ではなく賞味期限が記載されているはずです。

ちらし寿司の素の賞味期限

ちらし寿司の素の場合、商品によって賞味期限の開きがあります。

ご飯に味付けをする液と具材が別々に包装されている商品は、未開封で平均1年から1年半程度です。

ご飯に味付けする液と具材が一緒に包装されている商品は、未開封で1カ月から8カ月程度で賞味期限が切れるものが多いようです。

ただし、いずれのタイプも未開封であることが大切です。

賞味期限が切れたちらし寿司の素 食べても大丈夫?

賞味期限

前項の通り、賞味期限は、すぐに食べられなくなる期限ではありません。

ネット上の経験談によると、数カ月程度から1年程度の期限超過なら、食べても大丈夫なようです。

ただし、あくまで自己責任ですから、まずは、開封したら味や色をチェックして異常がないことを確かめてくださいね。

また、一度開封してしまった場合には、この限りではありません。

賞味期限に関わらず、早めに使い切ってしまいましょう。

開封してしまって使いきれなかった分は、リメイクして他の料理を作って使い切りましょう。

ネットでもリメイクアイデアが紹介されていますので、検索してみるとよいですよ。

当ブログの関連記事も参考にしていただければ、うれしいです!

まとめ

賞味期限とは、「書かれている保存方法を守って保存していた場合に、美味しく食べられる期限」のことです。

ですから、賞味期限を過ぎたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

開封して、自分の目と舌で異常がないことを確かめられたら、食べても大丈夫でしょう。

でも、できれば賞味期限内に使ってしまうのが無難ですね。