お歳暮

お歳暮を貰うのは嬉しいですが、
疎遠になってしまったなどさまざまな理由で
お歳暮をお断りしたいと考える人もいますよね。
でも、相手に失礼になりそうだし
どうしたらいいのか悩みませんか?
そこで、お歳暮をお断りするときは
どうしたらいいのか調べてみました。

お歳暮をお断りするのは失礼にあたる?

お歳暮

お歳暮は、
「日頃の感謝をし、来年もよろしくお願いします」
の意味を込めて贈るものです。

本来の意味を考えると、
疎遠になってしまった人に対しては
お歳暮を贈る必要はありません。
しかし、縁を大事にする日本人は
疎遠になっているからと
簡単にはお歳暮を贈るのをやめられないんですよね。

なので、やめるタイミングがつかめずに
ズルズルと贈っている人もいます。
そういう人にとっては、
お断りをしてもらった方が気が楽でしょう。

お付き合いのある人からのお歳暮に関しても、
きちんとした理由があるならお断りをしても問題はありません。

お歳暮をお断りするときの方法

お歳暮

お歳暮をお断りする方法は、
いくつかあります。
一般的な方法は、
お歳暮に対するお礼状とともに
断り状を書く方法
です。

文面だけでお断りをするのは悪いと思うなら、
貰ったお歳暮と同額かそれ以上の額のお礼の品
贈りましょう。

同額以上の贈り物をするのは失礼にあたると
よく言われますよね。
それは、相手から貰った品物が気に入らなかったということを
意味するからです。
しかし、お歳暮などの場合だと
「あなたの気持ちは十分伝わっていますよ」
の意味があります。

お礼の言葉とお歳暮をお断りする手紙を添えて、
贈りましょう。
お手紙もなく、品物だけ贈られても
相手は戸惑ってしまいます。

会社などの方針で受け取れない場合は、
断り状とともに
品物を返しましょう。
受け取れない場合は、品物を送り返しても
失礼にはあたりません。

断り状の書き方

お歳暮

断り状を書くとき、
貰ったお歳暮に対するお礼の言葉はきちんと書きましょう。

はっきりと、「お歳暮はいりません」と
書くのもいいですが
それでは相手も嫌な気分になってしまいます。
お歳暮はいらないという思いが伝わるようにしつつも、
言葉は選んでください。
宣言するというよりは、
お願いするつもりで書くといいかもしれません。

お断りをする理由も添えると、
相手も嫌な気分にはならないでしょう。

断り状の例文

お歳暮

では、どんな風に書いたらいいのか
例文を紹介します。

例文1

拝啓

年の瀬も迫ってきましたが如何お過ごしでしょうか。

この度は結構なお品を頂きありがとうございました。
すっかりご無沙汰になってしまっているのに
お気遣いいただきありがとうございます。

お気持ちはありがたいのですが
今後はこのようなお気遣いなさらないようお願い申し上げます。

まだまだ寒い日が続きますが
体にはご自愛くださいませ。

かしこ

例文2

師走の候、
貴社ますますご清栄のことと心よりお喜び申し上げます。

この度は結構なお品を頂き、社員一同感謝しております。
お心遣いは誠にありがたいのですが、
弊社ではお引き取り様からのご贈答はお断りさせていただいております。
今回はありがたく受け取らせて頂きますが、
今後はお気遣いなさらないようお願い致します。

略儀ながら、書面にてお礼とお願いを申し上げます。

まとめ

お歳暮
お歳暮の断り状の書き方を紹介しましたが、
ここで注意点があります。
それは、必ず手書きで書くこと。
パソコンを使って書いた方が楽かもしれませんが、
相手に自分の気持ちを伝えるには手書きが一番です。
どんなに疎遠になってしまった人でも、
断り状は手書きで書きましょう。