お歳暮 お礼 お返し 返事

お歳暮をいただいた時のお礼やお返しって必要なの?って、ちょっと疑問に思っちゃいませんか?

一般的には、みなさんお歳暮を受けとったら電話で「受け取りましたよ」、なんていうお返事をするかと思いますが、果たしてお歳暮マナーとして正しいのかどうかなんて分からないという方もいると思います。

そこで、お歳暮を受け取ったらお返しは必要なのか?お礼の返事の正しいマナーについてまとめてみました。

お歳暮のお返しは必要?電話やメールだけの返事はマナーとしてNG!?

お歳暮 お礼 お返し 返事

日頃お世話になっている親族や上司へは、毎年お歳暮を贈っているけど、たまに「こんな人からお歳暮が届いたわ!」といったケースもありますよね。

このような場合は、きちんとお返しするのがマナーなの?と思いがちですが、お歳暮の贈り物は、その年お世話になった方へ送る贈り物なので、特にお返しをする必要はないんです。

ただ!受け取りましたよ~という、相手へのお礼の返事は必須です。
返事くらいちゃんとしてるよ!と思っちゃいますが、その返事の仕方本当に正しいですか?

お歳暮を受け取った後の返事は、電話やもしくはメールで済ましてしまいがち。
実はこれマナーとしては正しくないんです。

正しい返事のマナーは、お歳暮を受け取って3日以内に手紙やハガキでお礼状を出すのが正式なマナーとされています。

電話やメールが絶対にダメというわけではありませんが、簡易な挨拶程度にとらえられがちなんです・・。
電話やメールでお礼の返事をした後でも、お礼状を書くのが大人としてのマナー!

夫(妻)のご両親や、上司・大事な取引先の方からお歳暮が届いた時に、きちんとした返事をしておけば好感度アップにも繋がりますし、今後良い人間関係を築き上げる事が出来るますよね^^

お歳暮のお礼の返事のマナーは、しっかりと押さえておきましょう!

お歳暮のお礼状ってどう書けばいいの?

お歳暮 お礼 お返し 返事

問題はそのお礼状の書き方です。

そんなの書いた事ないから分からないよ(´`:)と思う方のために、お礼状の例文をいくつかまとめてみたので参考にしてみて下さいね。

ビジネス向けお礼状の書き方

拝啓  師走の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
さて、このたびはまことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。
このようなお心づかいをいただき恐縮に存じます。
日ごろは私どもが大変お世話になっておりますのに身に余るお心づかい、大変うれしく思います。
年末余日少なき折から、皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を心からお祈りいたします。
とりあえずお礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具

12月○○日

 ○○○○株式会社
代表取締役 ○○○○

引用元:http://letter.sincerite-shop.com/orei_ichiran/sub5.html

一般向けお礼状の書き方

拝啓 年の瀬を迎えあわただしくなってきましたが、お元気でご活躍のことと存じます。
私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
さて、 このたびは、まことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。
いつに変わらぬお心くばり、恐縮に存じます。家族ともども大変喜んでおります。
時節がら、ご自愛のうえ、よいお年をお迎えくださいますよう、お祈りいたします。

敬具

引用元:http://letter.sincerite-shop.com/orei_ichiran/sub5.html

お礼状は、品物を頂いた事への感謝以外に、お歳暮を贈って下さった相手の心遣いへの感謝を伝える事が大切です。

日頃の感謝の気持ちや相手の健康を祈る言葉も添えておけば完璧ですね!
お歳暮を受け取った後は、上記の例文を参考にお礼状を出してみて下さいね。

お歳暮のお礼やお返しのマナーは?正しい返事の返し方とは!?まとめ

お歳暮は日頃の感謝の気持ちがこもった贈り物です。

お歳暮を受け取ったからといって、品物をお返しをする必要はありませんが、お礼の返事はきちんと手紙で伝える事がマナーです。

お歳暮を贈って頂いたという感謝の気持ちをしっかり言葉に綴りましょう^^