梅干しの作り方

ご家庭で作る果実酒の定番と言えば、梅酒ですね。
桜の花も散り、そろそろ青梅が出回る時期になりました。

今年は、自家製梅酒作りにチャレンジしてみませんか?

そこで、初心者でも簡単なおいしい梅酒の作り方をご紹介したいと思います。
仕込む時期、飲みごろ、賞味期限から、はちみつなどを使った応用編までまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

初心者でも簡単 おいしい梅酒の作り方

梅酒の作り方

梅酒は、材料を揃えれば誰でも簡単に仕込むことができます。

シーズンになると、スーパーなどでも『梅酒コーナー』ができ、材料から保存容器までまとめて手に入れることができたりするので、利用してみてくださいね。

梅酒の作り方 準備するもの

青梅 1kg
氷砂糖 700gが目安(500g~800g)※1
ホワイトリカー※2 1.8L
保存容器 4L以上のもの

※1:甘めがお好みの方は氷砂糖を多めに、甘い飲み物で割って飲むご予定なら500gで十分です。

※2:使うお酒は、焼酎、日本酒、ブランデー、老酒など何でも構いませんが、必ずアルコール度35度以上のものを使用します。

梅酒の作り方

1.保存容器の消毒

瓶に熱湯を少し注いで傾けて、回して全体に熱湯を行きわたらせます。

お湯を捨てて、きれいな布巾などで水気をよく拭き取ります。

瓶の口を下にして、日の当たるところで、完全に乾燥させます。口の下に割りばしなどを置くと乾きやすいですよ。

2.梅の実の選別

傷のある梅、柔らかくなっている梅、茶色く変質した梅などを取り除きます。

3.梅の実のあく抜き

梅の実は、一つずつ流水で丁寧に洗います。

2~3時間水につけてアクを抜きます。

アクを抜いた梅の実は、きれいな布巾やキッチンペーパーなどで水気を拭き取り、乾燥させます。

4.梅の実のヘタを取る

梅の実のヘタを、つまようじや竹串を使って取ります。

梅の実は金属を嫌うので、金串などは避けてください。

5.梅を漬け込む

  1. 青梅と氷砂糖を交互にそっと重ねていきます。
  2. ホワイトリカーを、梅の実にかかるように、回して注ぎ入れます。
  3. 冷暗所に保管し、糖分が均等になるように毎日一度瓶を揺らします。

4ヶ月ごろから飲めるようになります。

おいしい梅酒の作り方 仕込む時期はいつがいい?

時期

梅酒を作る時期は、梅の収穫時期に合わせ、梅が出回る時期に仕込みます。
青梅は、だいたい5月~6月頃に店頭に並びますので、その頃が『梅酒の仕込み時』です。

お店によっては、『梅酒コーナー』を設けて、梅だけでなく必要なものを揃えていたりするので、仕込みの目安にしてくださいね。

ご自身で梅の木をお持ちの場合、開花から3ヶ月を目安に収穫しましょう。

また、ヘタを取った梅を冷凍しておくと、いつでも梅酒を仕込むことができます。
冷凍した梅を使う場合は、解凍せずそのまま使用してください。

自家製梅酒 飲み頃と賞味期限は?

梅酒の作り方

自家製の梅酒ですから、飲み頃や賞味期限が気になりますよね。

まずは飲み頃ですが、仕込んで4ヶ月ほどで飲めるようになりますが、飲み頃は約1年後です。
賞味期限は、ズバリ、ありません!

寝かせれば寝かせるほど、梅酒の色や味わいが変わっていくので、お好みに合わせて飲んでみてくださいね。

お子さんが生まれた年に仕込んで、成人したお子さんと20年物の梅酒を飲む、なんてこともできますよ!

漬けた梅の実はどうする?

さて、賞味期限もなく熟成させて飲むのも楽しみな自家製梅酒ですが、漬けこんだ梅の実はどうすればよいでしょうか。

梅の実を着けたままだと濁ってしまいますので、3ヶ月から、遅くとも1年半ほどで取り出します。
このとき梅酒を漉しておくと、よりきれいな梅酒を保つことができます。

取りだした梅の実は、そのまま食べてもいいですし、種を除いて梅ジャムなどにしてもおいしいですよ。

私は、漬けこんだ梅の実が大好きで、小学生の頃は一日一個の約束で食べさせてもらっていました。

おいしい梅酒の作り方 応用編

時期

梅酒を作るには氷砂糖を用いますが、この氷砂糖の代わりに、はちみつや黒糖を使って作ることもできます。

準備するものや、漬けこむ前の準備などは、普通の梅酒と同じです。

はちみつ梅酒の作り方

氷砂糖の代わりにはちみつを使います。

はちみつの量は、青梅1kgに対し600ccです。

青梅を全部瓶に入れ、次にはちみつを入れます。

これにホワイトリカーを注いで、冷暗所に保管します。

はちみつは、氷砂糖に比べて溶けにくいので、溶けるまで毎日瓶を揺り動かしてください。

約1~2ヶ月で飲めるようになります。

黒糖梅酒の作り方

氷砂糖の代わりに、黒糖を使います。

青梅1kgに対し、黒糖500gを用います。
甘めに仕上げたい場合には、黒糖を300g、氷砂糖を400g使うのがおすすめです。

まず梅を瓶に入れて、その上に黒糖を入れ、後は、梅と黒糖を交互に重ねていきます。
これにホワイトリカーを注いで、冷暗所に保管します。

黒糖が溶けるまで、週に数回程度瓶を揺り動かして、糖分が均一になるようにします。

3ヶ月程度であっさりとした梅酒が味わえるようになりますが、飲み頃は半年~1年後です。

まとめ

誰でも美味しい梅酒が作れる作り方をご紹介しました。

ポイントは、青梅を使うこと、お酒はアルコール度数35度以上のものを使うこと、道具や保存容器は熱湯消毒をしておくことです。

こちらの記事を参考に、是非、自家製の梅酒、作ってみてくださいね。